新婚海外旅行で空港内を猛ダッシュ

新婚旅行で海外のパラオに行った時の事ですが、海外旅行は何度か経験していた二人ですが、ツアーだったので海外でも何も心配する事もなく楽しんでこれたのです。しかし今回はツアーといっても海外への現地集合というツアーだったので海外での乗り継ぎなども自分たちで行う必要がありました。乗る飛行機は決まっていたので時間さえ遅れなければ海外とは言え何とかなるだろうと思っていたのが大変な事になりました。成田空港を出発してパラオに行くには、途中にグゥアムで乗り換える必要がありました。それを知らずにグゥアムに到着したら空港内にあるマックでとりあえず空腹を満たしました。そこでも片言の英語でのやり取りで、店員とかみ合わなかったりしましたが、ジェスチャーで何とか乗り切りました。海外は難しいですね。そして次の飛行機の時間が近づいて来たのでパラオ行の海外ゲートへ向かいました。パラオの文字と出発時刻を照らし合わせて海外用ゲートを確認。ようやく行くぞと思った時です。この乗り継ぎの時には一度グゥアムの搭乗口を出て海外専用のサインをもらう必要があったのです。その海外専用サインがないとパラオ行の飛行機に乗れない雰囲気。そんなの聞いてないよ!と思っても仕方がありません。新婚早々二人で海外のグゥアムの空港を全速力で走りました。しかもスーツケースを持ったままです。出発時間まで数分しかないので何としてもサインをもらう必要があります。搭乗口は知っていましたので係の人にサインをくれるように頼みました。海外行きの手続きはあっさり終了したのですが、パラオ行の出発時刻がせまります。また折り返しで空港内を走ります。海外登場口であるパラオの文字へ一直線に走り、本当に出発数分前にゲートをくくぐりました。汗だくの二人ですが何とか目的地へ向かいました。海外旅行は日本旅行と違いルールも異なるので大変でした。今ではそのシステムはどうなっているのか分かりませんが、正直海外に行くのはこりごりです。もし会社なので行く場合には安心できる海外ツアーを利用したいと思います。

参考記事:屋外でインターネットをする方法

このページの先頭へ